仮想通貨に将来性はある?ない?

2017年は仮想通貨元年と言われています。


私も上手く波にに乗れて、割といい数字を出すことができました。


でもこれって仮想通貨にすごく将来性アリという視点を持てたからだと思います。


今回は今後の仮想通貨の将来性について、


ご紹介したいと思います。

仮想通貨の将来性は明るいの?暗いの?

続々と主要銀行・大手企業が参入




引用元:http://www.nikkei.com


私が仮想通貨に投資しようと思ったのが、


日本の主要銀行と大手企業が続々と


仮想通貨に参入を決めたから。


怪しくて将来性のない通貨であれば、


そもそも大企業がリスクをおかしてまで新規参入することはまずあり得ません。


それと、すでに仮想通貨は、日本のビックカメラで円やドルに代わる通貨として


ビットコインで商品が購入できる仕組みをすでに開いています。


これってどういうことか?


ですが、日本の銀行・大企業がもう、仮想通貨を無視できなくなっている


ということです。


これを仮想通貨の将来性があるかどうか?


なんて考えるまでもなく、


もう将来性があるから大手企業が参入してきている、ということですね。

法律が味方になったから

また、日本の法律が仮想通貨を認めた形になりました。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義:


この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。


一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

引用元:https://bitflyer.jp


つまり、日本の法律が仮想通貨をお金と認めたことになりますね。


こういった事実に鑑みて、私は仮想通貨が怪しい、なんて


とてもではないですが、思えず、


今のうちから勉強し、少しずつ投資していこうと考えたのです。

少額投資からはじめるのがおすすめ!

そうはいっても、私なんて、投資らしい投資は


仮想通貨がはじめてだったんです。


仮想通貨がどんなものなのかもわからなかったし、


どうやって取引するかも何もわからない状態です。


右も左もわからない状態から投資するのであれば、


まずは「少額からはじめてみよう!」と思いました。


いきなり大金をつぎ込んでも、こちら側に知識がなければ


大損してしまいます。


いわゆる投資というのは、必ず100%種銭が増える、と保証される分野では


ありませんから、失っても惜しくない少額から投資をはじめましたね。


参考になれば幸いです。


まみでした^^

コメントを残す

サブコンテンツ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ管理人

ブログ管理の金山まみです。

2017年より仮想通貨投資始めました。

かなり稼げるので、

初心者でも無理なく稼げる

仮想通貨投資情報をシェアしたいと思います。

このページの先頭へ