仮想通貨のビットコインって何?稼げるの?

2017年は仮想通貨(=暗号通貨)元年と言われています。


ビットコインって聞いたことがあると思います。


でも仮想通貨専門系のサイトを見ても


専門用語ばかりだったり、難しくてよくわかんない~TT


なんて方はいませんか?


最初は誰でも分からないのは当たり前!


それに私だってはじめは仮想通貨のかの字も知りませんでしたし、


投資自体が怪しいかも・・・と思っていた普通の主婦でした。


でも、仮想通貨は日本ではまだまだ投資ビジネスとしてはハードルが低いし、


その割りには伸びしろがとってもあります。


初心者からはじめた私でさえかなり儲かっていますし。


なので今回はどのサイトよりも初心者にやさしく・わかりやすく


を心がけて、ビットコインについてご紹介していきたいと思います。


これからこんなに拡大していく市場に、参入しないのはもったいないですよ~^^

今さら聞けない?仮想通貨のビットコインって何?

そもそもビットコインって何だ?

ビットコインって最近ニュースでもよく流れているけど、


一体何?なんか怪しくない?


と「知らない物に対しては警戒」するのは当たり前。


なので、まずはビットコインが何なのか?サラっと知っていただければと思います。


私たちの日常では、日本円を使ってお買い物をしていると思います。


最近ではマネーカードも使う方が多いですね^^。


それで日本円やドル、中国の元などが通貨としてありますが、


これに代わって世界中でこれから取引されるであろう通貨が


仮想通貨=ビットコイン なんですね。


ビットコインは仮想通貨の一種です。


仮想通貨は一説によると1000種類以上あり、


そのうち90%は詐欺ではないかと考えられています。


仮想通貨の中で一番信頼性が高いというかやりとりされているのがビットコイン。


仮想通貨にはほかにもイーサリアム、リップル、ライトコインなどがあるんですが、


ビットコインが一番高値で取引きされています。


仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、円やドルなんかみたいに紙幣や貨幣などの実体がありません。


すべてコンピューター上でやりとりされています。


え?通貨として実体(物体)がないの?怪しくない?


と思ってもその仕組みがわかればその疑念は晴れるでしょう(笑)

管理者がいない

そもそも仮想通貨には管理者がいません。


わかりやすいように、日本円だと国が発行して日本銀行が紙幣を刷っています。


一万円札の原価を知っていますか?


わずか一枚10円だと言われています。


でも、一万円はおおよそ一万円の価値としてやりとりしていますね。


これは国家の信用、世界為替などの信用度で通貨の価値が保たれています。


そして管理しているのがほぼ銀行、ですね。


では仮想通貨(ビットコイン)はどうか?


管理者がいなくてだいじょうぶなの?と普通なら思ってしまいますが、


ビットコインを保有している全員でコンピューター上で管理しています。


つまり、国家に依存せず、強固なセキュリティシステムでビットコインを保有者全員で対等に管理しています。


これはどういう意味を表すかというと、


透明性が高いです。


それと、国家に依存しないため、インフレなどの影響が極めて起きにくいシステムです。

インフレが起きにくい・送金に手数料がかからない

インフレはどういう時に起きるかというと、


本当にざっくり言うと、お金を刷り過ぎてしまったり、


戦争や大規模災害などではインフレが起きやすくなります。


円などの既存通貨は国家の信用の元にその価値が成り立っていますから、


ある日突然円が紙くずになってしまうこともあり得るんですね。


しかし、仮想通貨はそういった国依存、戦争、災害の影響はほぼ受けないので、


つまり、世界共通通貨になるので、価値が落ちにくい通貨として注目されているのです。


また、今もそうですが、海外送金などはまず国内の銀行を通して世界銀行を通し、


その後外貨へとやりとりされるため、


海外送金の時の手数料は非常に高いです。


私自身アメリカの会社で働き、お給料を日本円でもらっていた時期があったんですが、


確か、一回の送金のやりとりだけで4千円近く手数料を取られていた記憶があります・・・


一回のやりとりで4千円も取られていたら時給何時間分?というもったいなさ。


しかし、仮想通貨は国を経由しませんから、海外同士のやりとりでも手数料はほとんどかからないのです。


特に中東周辺諸国の手数料はべらぼうに高いため、


これから仮想通貨が送金のやりとりの主軸になってくるのでは?と考えられています。

ブロックチェーンなどの仕組みがすごい

国や銀行が保証していないのなら、仮想通貨って怪しい!


と思うかもしれません。


でも、仮想通貨にはそれを払拭してしまうほどのシステムがあります。


ブロックチェーンって聞いたことありますか?


長くなっちゃうのでブロックチェーンについては別の機会に触れますが、


かんたんに言うと、一つの管理に依存しないことが優れていて画期的なシステムです。


ブロックチェーンは仮想通貨をやり取りしているユーザー同士で情報を管理し合います。


このやりとりで銀行なんかの金融機関を介す必要がありません。


あくまでもユーザー同士でシステムを管理し合います。


ブロックチェーンは数珠つながりのようなシステムになっていて、


取引をつねに記録し続けます。


取引があればブロックとしてシステムに記憶され、


ブロックとして記憶されるスピードはものすごい速さです。


数珠つながりのように連なるブロックチェーンを改ざんしようとしても、


ブロックがどんどん生まれるため、改ざんのスピードは追いつくことができません。

ここが画期的なシステムであり


「第三の金融革命」と仮想通貨は言われています。


ブロックチェーンだけでなく、仮想通貨はさらにいくつかのセキュリティシステムに守られています。

購入できる上限が決まっている

ビットコインをはじめとする仮想通貨はそれぞれ


上限数が決まっています。


ビットコインについては上限数が2100万枚と決まっています。


これは、ビットコインが流通する前のプログラミングの段階ですでに決定していて


変わることはありません。


この仮想通貨に上限数が決まっていることに


仮想通貨の希少性が保たれているのも理由のうちの一つです。


ビットコインの上限数を達成する年はおおよそ予測がついていて


2140年頃ではないかと考えれています。


上限数が限られている仮想通貨は、


その希少性が保たれると考えられています。

預ける所は仮想通貨取引所

さて、ビットコインを買いたい、預けたいと思ったらどうしたらいいのでしょうか?


今までの普通の感覚ですと銀行に預けるのが一般的だと思います。


でも、仮想通貨というのは、銀行のような一つの権限を持った預ける場所がありません。


コンピューター上でユーザー同士で管理する仕組みです。


それで、仮想通貨は「取引所」という所で、購入することができます。


それと、少額投資であれば取引所にそのまま置いておいても問題はないでしょう。


仮想通貨取引所はセキュリティのしっかりした、大手の所を選ぶと間違いありません。


特にコインチェックは仮想通貨100万円分まで盗難保証がついている


しっかりした取引所なので初心者がはじめて仮想通貨のやりとりをするにはおすすめの取引所ですね。

マウントゴックス横領事件

私自身、投資ビジネスは超怪しい世界、という認識でいました。


株で失敗した人も実際に知っていますし、FXなんていまだにギャンブルという認識でいます(苦笑)


こんな、投資ビジネス恐怖症の私がどうして仮想通貨に参入しようと思ったのか?


それは、


・法律が制定されたこと
・大企業が続々と参入を決めたこと


この二つに他なりません。


日本の経済界が仮想通貨をもう無視できなくなったことを表しています。


ただ、仮想通貨つまりビットコインはまだ一般の日本人にはあまり浸透していないことでしょう。


人によってはただただ怪しい詐欺まがいの通貨、という認識かもしれません。


どうしてこんなに詐欺っぽく認識されているか?ですが、


一つの理由に「マウントゴックス横領事件」があると思います。


マウントゴックスは仮想通貨の取引所として、当時日本では大きな取引所でした。


しかし、2014年に28億円分の65万ビットコインを消失したことで大きな事件となりました。


当時の事件の報道のされ方が、


ビットコインはかんたんに消失してしまう危ない通貨


として報道された向きがあったため、


ビットコイン・仮想通貨が怪しくマイナスなイメージとして日本人に根付いてしまった印象があります。


しかし、この事件の蓋を開けてみると、


事件が発覚した時は、


ビットコインがハッカーによってほとんどを盗まれてしまった、との発表だったんですが、


真実はマウントゴックス社の社長であるマルク・カルプレスがほとんどのビットコインを横領していたことがわかりました。


後にマルク・カルプレスは逮捕されています。


つまり、ビットコインが怪しいのではなく、マウントゴックス取引所のセキュリティや横領できてしまう


取引所のシステムそのものに問題があったのです。


真実を報道のまま鵜呑みにするのではなく、


真実は真実として知り、本当に詐欺まがいのジャンルなのか、世界ではどのように扱われているのか?


これを知るべきだと思います。(マスコミって後日真実を訂正しないですからね苦笑)

丸井やビックカメラも決済に採用している

そもそも、仮想通貨が怪しくて詐欺まがいの業界であれば、


大企業がリスクを冒してまで参入しないと私は考えています。


将来性がある、無視できない市場だからこそ参入するのだと思います。


2017年時点で仮想通貨に参入を表明している企業は、代表的な所で、


・トヨタ
・SBI
・DMM
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行


などなど。


そして丸井やビックカメラではビットコインで決済できる体制を整えています。



ビックカメラについては、


すでにビットコインで家電を買える決済システムをもう使ってます。


これが何を意味するか?


ですが、これから日本の買い物市場でも急速に


ビットコインで決済できるシステムが拡がるでしょう。


そうであればビットコインの売買はさらに拡大していき、


最初にビットコインを保有している人間が儲かっていく、という仕組みですね。


この市場の流れを、私はどうしても無視できなかったですね。

中長期で運用するのがおすすめ

そうはいっても、今まで投資ビジネスをやったことがない


人間が、はじめて新規で参入するのって恐怖心もありました。


そうであればとにかくリスクを抑えて、自分の資産に打撃のない方法を採用するべきだと思うんです。


あくまで私の場合ですが、有識者には2020年の東京オリンピックまでに


ビットコインは最低でも100倍の価値になる、という見方の人が多いです。


そうであれば中長期で2020年まではビットコインに少しずつ投資しようと思っています。


一番リスクが低いのが、


・少額投資からはじめる
・大手の取引所でやりとりする


です。


生活や資産に影響のないぐらいの余剰金から仮想通貨に投資する。


中期スパンで換金し、殖えたお金を一部使ってまた仮想通貨に投資する。


この時、大手でしっかりした取引所でやりとりして自分の資産を守る、です。


参考になりましたら幸いです。


まみでした^^

コメントを残す

サブコンテンツ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ管理人

ブログ管理の金山まみです。

2017年より仮想通貨投資始めました。

かなり稼げるので、

初心者でも無理なく稼げる

仮想通貨投資情報をシェアしたいと思います。

このページの先頭へ