仮想通貨投資詐欺に合わないように気をつけたいこととは?

2017年は仮想通貨元年と言われています。


日本でも主要銀行や大手企業が仮想通貨を扱うことを


公式発表しています。


一方、国民生活センターでは仮想通貨投資詐欺の報告も増えています。


あなたが、簡単に悪徳業者に引っかからないために、


どんなことに注意すればいいのか?


一緒に見ていきましょう。

仮想通貨投資詐欺に騙されないする方法は?



国民生活センターの報告は?


相談事例をみると、

「必ず値上がりすると言われて仮想通貨を購入する契約を結び、代金を
支払ったが解約できない」

などといった電話勧誘や訪問販売によるトラブルが目立っています。

また、「仮想通貨を代わりに買ってくれれば高値で買い取ると言われ契約したが、

約束どおりに買い取られない」

などといった劇場型の勧誘トラブルも多くみられます

主に高齢者を狙った仮想通貨投資詐欺が増えてきているようです。


怖いですね…


でもこれって視点をちょっとずらすと、これから儲かる市場だということも言えます。


銀行や主要企業が参入してきているのを見ると、


これから大規模な市場になるからこそ、


注目されている市場だからこそ、インチキ詐欺集団も増えているんですね。


では、どうすれば詐欺集団に引っかからずに済むのか?

絶対稼げます・無料であげますは信じない

私は最初、アフィリエイトで稼げるようになったんですが、


はっきりいってアフィリエイトにも詐欺まがいの宣伝が横行しているんです。


これは仮想通貨と何ら変わらないんですね。。


それでも、アフィリエイトでも仮想通貨でも騙されないでやってこれたのは、


とある注意をしていたからです。


代表的な詐欺の甘い誘惑というのは、


・絶対稼げます
・無料であげます


こういった文言を絶対に信用しないこと。


まず、仮想通貨というのは投資の意味合いが強い分野ですから、


絶対に稼げる、という概念は通用しないんです。


仮想通貨に参入しているすべての人たちの間で


通過の価値は決まります。


稼げる人間と稼がない人間がいつも決まります。


FXなどと考え方は一緒です。


100%絶対はあり得ません。


それをさも、必ず稼げます!こんなに実績があるんです!


というセールストークには騙されないことが、最大の防御になります。

仮想通貨投資詐欺を防ぐ正しい方法とは?

仮想通貨投資詐欺に遭わない、


コツみたいなのが実はあるんですね。


この業者怪しい?と思ったら、


「仮想通貨交換業者の登録」の登録があるかどうか、


これをまずは確認しましょう^^


仮想通貨交換業者の登録は、2017年4月に改正資金決済法の施行として法律で決まったばかり。


決まったばかりの法律ではありますが、法律は法律です。


この登録のある業者であれば、出金できない、という詐欺まがいの業者に


少なくとも騙されることはなくなります。


甘い文言で、つい投資しそうになってしまったら、


ぜひ、仮想通貨交換業者の登録があるか?


をまずは確認してみましょう。確認してから投資しても何も遅くはないのです。


参考になりましたら幸いです。


まみでした^^

コメントを残す

サブコンテンツ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ管理人

ブログ管理の金山まみです。

2017年より仮想通貨投資始めました。

かなり稼げるので、

初心者でも無理なく稼げる

仮想通貨投資情報をシェアしたいと思います。

このページの先頭へ