仮想通貨の法律2017年に施行?これからどうなる?

仮想通貨の法律が2017年にいよいよ施行されました。


日本もいよいよ仮想通貨を無視できなくなってきた、ということですね(笑)


日本は、アメリカ・ヨーロッパに比べて仮想通貨に二年遅れと言われています。。


では、法律が定められて、今日本では金融市場でどんなことが起こっているのか?


その辺りをお話できればと思います。

仮想通貨元年2017年。法律が制定!

2017年仮想通貨の法律が施行

2017年、日本でも仮想通貨に関する法律が制定されました。


これが仮想通貨元年と言われる所以でしょうか。


今回の法律は、主に仮想通貨を取り扱う業者を取り締まる法律が中心ですが、


法律がまったくない状態より、いよいよ本格的に日本も仮想通貨を認めてきた、


ということになります。


いえ、認めざるを得なくなってきた、というのが本当の所でしょう。


2009年にノルウェー人の男性がビットコインを1800円で購入したものが、


2013年には1800万円にまで膨れ上がったという話は有名です。


1800円が1800万円ってすごいですよね^^;


それと、中国人はすでに仮想通貨を現金代わりにしている富裕層も多くいて、


日本のビックカメラではそれに対応するため、


ビットコインで家電が買えるように対応変化しています。


大きく見ると、日本が今まで仮想通貨に全然対応できておらず、


世界中が仮想通貨を認めてきたため、日本が取り残されないように


後から追いつこうとしている状態です^^;

法律の制定に伴い大手企業が続々と・・・?

仮想通貨の法律が施行されるのに伴い、


大手企業や都市銀行が続々と仮想通貨に参入をはじめました。


市場参入を決めた企業の例を挙げると、


・トヨタ
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・DMM
・ビックカメラ



と、誰でも知っている超大手企業が仮想通貨に乗り出してきているんですね。


私も法律が定められたことと、


大手企業が参入してきたのを見て、一気に仮想通貨の信頼度が上がりました。


だって、もし仮想通貨が詐欺的な投資方法であれば、


リスクも高いし、そもそも大手企業や都市銀行は相手にもせず参入するはずがありません。


これから伸びる市場、儲かる市場、無視できない市場だからこそ参入するということです。


これを怖がって勉強しないのって大損です。


いきなり数百万の投資だと、私たちの生活を脅かしますが、


まずは勉強で数万円から投資できるのが仮想通貨のいい所です。


ノルウェーの男性が1800円の投資額が1800万円になったように、


先行者利益で数万円が数十万円になったらそれは成功なんですよね。


そのチャンスを見逃さないこと。


金融の波にアンテナを張っておくこと。


こういったこともこれから投資で稼ぐために必要だと思います。


今、ブログ読者様には無理なく仮想通貨をはじめられる


無料レポートをプレゼントしています。


読むだけで仮想通貨の仕組みがわかるよう、投資初心者にもわかりやすい


無料レポートなのでぜひ、活用してくださいね♪
↓   ↓   ↓

コメントを残す

サブコンテンツ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ管理人

ブログ管理の金山まみです。

2017年より仮想通貨投資始めました。

かなり稼げるので、

初心者でも無理なく稼げる

仮想通貨投資情報をシェアしたいと思います。

このページの先頭へ