仮想通貨ビットコイン以外って何がある?

仮想通貨といえばビットコイン。


仮想通貨は何だかよくわからないけど、


ビットコインだけは聞いたことがある!


という方も多いのではないでしょうか?


でも、仮想通貨はすでに1000種類以上あると言われています。


では、仮想通貨はビットコイン以外って何があるんでしょうか?


これからどんな仮想通貨に投資すれば儲かるのでしょうか?

仮想通貨はビットコイン以外何がある?

90%の仮想通貨は詐欺?

現在仮想通貨(=暗号通貨)は、90%が詐欺だといわれています。


じゃあ仮想通貨は危険なのか?


と言えばそんなことはありません^^;


こちらにも書きましたが、詐欺ではない仮想通貨


でやりとりすればいいだけの話です。
↓  ↓  ↓
⇒仮想通貨は詐欺?リスクを最小限に抑える方法こちら!



このように、世界中でやり取りされている、実績のある仮想通貨を選べばまず間違いありません。


では、詐欺ではない仮想通貨でビットコイン以外は何があるんでしょうか?

リップル


リップルは2013年にグーグル社が出資を決めたことで有名な仮想通貨です。


2016年にはSBIホールディングスがリップルに参入しています。


リップルは仮想通貨の他の通貨と比較してちょっと特徴的な要素があります。


それは、円やドルと換金できること。


リップルの運営主体が存在することです。


リップルはすでに1000億XRPがネットワークに供給されているため、


マイニングは存在しません。


しかし、ビットコインよりはるかに送金にかかる時間は少なく、


法定通貨(円とかドルとか)と換金できる仕組みがあるので、


世界中の大手金融機関がリップル通貨との提携を検討しはじめています。


そしてリップルは2017年5月時点で40倍高騰しました。


まずはリップルであれば少額投資からはじめてみるとリスクが少ないと思います。

イーサリアム


イーサリアムは仮想通貨全取り引きの第2位に位置する


仮想通貨の代表的な通貨です(2017年8月現在)


イーサリアムはマイクロソフトとJPモルガンが2/27に「Ethereum Alliance」を設立する


と発表したこともあり、今後のイーサリアムの期待度が高まっています。


日本ではあのトヨタや三菱東京UFJファイナンシャルグループが参入したことで有名ですね。


イーサリアム2015年の初期の段階では1Ethあたり26円だったものが、2017年8月現在は32,817円。


実に1000倍価値が跳ね上がっていることになります。


イーサリアムは途中で一部ハッカーにイーサリアムが盗まれた経緯があり、


2017年7月には半値まで暴落したこともあり、値動きが激しいのですが、


続々と世界企業・銀行が参入しているのを見ると、


ますます将来性のある仮想通貨だと見ていいでしょう。


私も無理ない範囲でイーサリアムに投資しています。

ネム・ライトコイン・Zcash

その他にもネム、ライトコイン、Zcashがアルトコインとして有名です。


つい最近ではネムコインが2週間で5倍値上がりするなど、


仮想通貨は何もビットコインだけではないのです。


ビットコインもこれから将来的には50万円~100万円ぐらいは


上がるだろうと言われています。


事実、2017年8月には1ビット40万円を突破しました。


2016年のビットコインの値段は1ビット5万円程度でした。


仮想通貨が夢のある通貨だということはもう言うまでもないことだとお分かりいただけたかと思います。


ビットコイン以外の仮想通貨もどんどん高騰しており、


この世界的な流れに乗らない手はないと思っています。


まずは、自分の生活に影響のないほどの少額投資からはじめてみる。


詐欺ではない信頼性がより高い仮想通貨投資からはじめてみることをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ブログ管理人

ブログ管理の金山まみです。

2017年より仮想通貨投資始めました。

かなり稼げるので、

初心者でも無理なく稼げる

仮想通貨投資情報をシェアしたいと思います。

このページの先頭へ