9月29日 (木) NHRA Chicago

2年ぶりにやってきたNHRA。Top 10のみが招待される選ばれしもの達の競演、それがNHRA Nitro Harley Top Fuelなのである。今ランク5位なので2年ぶりに参加できたのである。しかも毎年ここシカゴで記録は塗り替えられるのである。気温低く標高も低いためパワーが出るのだ。その上4輪が一杯走りタイヤのゴムを路面に擦り付けてくれるのでグリップがすごくいい。当然今までとはちがうセッテイングにしなければならないのだが、予選が2日もあるのでじっくりセッテイングできる。1本目6.68秒、やはりクラッチが滑り気味だ。しかしグリップがいい。よーしクラッチ調整OK。が、夜の予選2本目が時間が無いとキャンセルになった。がーん。10台走るのにたったの10分が無いのかあ!?まあ、TVの時間もあるだろうし大変なんだろうな。(NHRAは金曜の予選から夜2時間放映されるのです。)とりあえず今4位。明日は6.4秒台に入れるかなっと。

9月4日 (日) St.Louis

昨日も3時に目覚めそれから眠れなかった。1回戦相手がBrokeで不戦勝。だが2回戦レーンチョイス権を得るためいいタイムで走らねばならない。6.59秒、211マイルを記録。よーし、またまた6.5秒台じゃあ。しかしボーとする。2回戦 Bob Malloy と対戦。彼はここ一発0.023秒というすごいリアクションを見せる。完全に出遅れたが200mあたりで彼は視界から消えた。よーし、予定通り準決勝Mikeとの対戦である。彼は2回戦6.58秒、オレは6.63秒。6.5秒台で走らねば、またリアクションタイムも良くせなば勝てない。

リアクション オレ 0.078 Mike 0.122 で0.044秒のHole Shot。250mあたりでリアタイヤが少しスピンし始めバイクは左にスライド。立て直しながらどんどんゴールが近づいてくる。350m過ぎ彼は視界に居ない。よし勝った!と思った瞬間彼の前輪がちらりと視界に。エッ!ゴール寸前彼のBike半分位が見えた。そんなアホな!あそこで来るか?結局0.03秒差で敗退。

レース後ESPN2のインタビューでMike氏は言った。「もし15mコースが短かったら負けていただろう。」Finalでも彼はDoug Vancilに勝ち優勝を決めた。確かに負けはしたが精一杯やった満足感が残った。しかし勝ちたかったなあ。

9月3日 (土) St.Louis

ここSt.Louisはかなり北なので台風の被害は受けていない。台風一過でまさに快晴だ。気温も少し下がり結構過ごしやすい。あの7月の暑さに比べれば断然である。前回クラックの入ったハンドルは外してドラッグバー装着。ハンドル低くなったのでシートの腰部分に少し厚みをもたす。予選1ラウンド目、まだ少しハンドルが遠い。なんとか走らせて6.640秒で2位。2ラウンド目は右レーン。路面状態悪いのかみんなタイヤスモークしている。同じようにタイヤスモーク。3ラウンド目、左に戻り6.72秒。結局みんな1ラウンド目が一番良かったようで順位はそのまま2位キープ。ト−ナメント表を見る限り難関は準決勝で当たるであろう Mike Romine だろう。今回時差ボケがひどく良く眠れない。今晩はねれるかなあ。

9月2日 (金) St.Louis

ハリケーンカトリーナの威力はすごすぎる。あのジャズで有名なニューオーリンズは80%が水没し何千人という犠牲者が出ている。最終的には1万人を超えるのではないかとも言われている。まさに自然の驚異に人間は何も対抗できない。
Contour H-D

Profile

image
Tak Shigematsu

■Birth date / Mar . 20 . 1965
■Born / Ehime , Japan
■Resides / Ehime , Japan
■Height / 5ft 8in
■Weight / 140lbs.
■Married
■1daughter & son

New Entries

Comment

Categories

Archives(287)

Link

Search

About this site

*リンクとバナー
利用はご自由に
*サイト内の画像について
商用を除き「重松健本人」および「レースシーン」に限り転載を許可させていただきます。
*コメントについて
管理者が不適切と判断したものはご本人への予告なく削除させていただきます。

SAMURAI 1[160pxl][320pxl]
SAMURAI 2[160pxl][320pxl]
Nitro Santa[160pxl][320pxl]

Mail to TAK webmaster

Nitro Mania

Smoke Warning

734185